読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Song To You

K-POPの新人ボーイズグループKNK(クナクン)を応援しています!!

【日本語訳】クナクン、プロデュース101に出演する?リアルタイム検索ワード1位になりとても驚いた

元記事→ http://www.xportsnews.com/jenter/?ac=article_view&entry_id=852713&_REFERER=http://www.xportsnews.com/?ac=article_search&skey=tc&sword=%ED%81%AC%EB%82%98%ED%81%B0&x=0&y=0


ボーイズグループクナクンに対するうわさが広まった。
メンバースンジュンが、Mnet“プロデュース101シーズン2”に出演するということだ。
スンジュンは出演を悩んだり製作陣とミーティングをしたこともないのに、まるで事実のようにうわさが広まり、インターネットユーザーらの間で話題になったりもした。

『当時'U'で活動していた時でしたが、周辺で「君'プロデュース101'男版出るの?」という質問をたくさんされました。 私は本当に初めて聞く話でした。
ある日、KBS 2TV'不朽の名曲'の録画をしているとき、私たちがポータルサイト、リアルタイムの検索ランキングで1位を取ったことがあります。
何か悪いことがあったのかと心配しましたが、確認すると、私たちが'プロデュース101'に出るという誤った内容が報道されたのでした。』
(パクスンジュン)

『多分あるネットユーザーの方がインターネット上に誤った内容をあげたようですが,それがねじ曲がってうわさが広まったようです。
私たちは出るつもりはなかったです。 私のファンの方がとても当惑したようで申し訳ありませんでした。』(チョンインソン)


昨年11月に発表した'REMAIN'以来、約6ヵ月ぶりに新アルバムに帰ってきた大きなは様々な紆余曲折を経験しただけに、野心的にカムバックしたと自信した。

『最近はみんな1ヶ月休んですぐカムバックする雰囲気じゃないですか。
ところが私達の場合、海外の日程も多く、意図せずに空白が長くなって大衆に忘れ去られかねないという心配も多く、負担もありました。

ファンたちが苦労をして待っている姿を見守りながら、残念なことも、不安だったりもしました。
曲自体は早くできていたが、タイトル曲を選定し、後半作業が少し長くなり、今になって新曲を披露することになりました。
長く待っていた分もっと一生懸命活動したいです。』(パク・スンジュン)

来る25日、ベールを脱ぐ'GRAVITY'は空白期ほどもっと成長した姿で大衆の前に立つ予定だ。
タイトル曲は'太陽、月、星'で、クナクンの初のミニアルバムから呼吸を合わせてきている作曲家キムテジュがプロデュースした曲だ。

クナクンは今回の活動目標をアルバム100万枚販売、音楽放送1位候補への進入などに挙げた。 ファンダムをさらに拡張させ、大衆性を高めるという言葉だ。

『放送活動を待っただけどきどきして期待されます。 面白そうです。 今回の活動を通じて'成長ドル'という修飾語を得たらいいですね。
また、まだまだ私達がMBCエブリワン'週間アイドル'には単独ゲストとして招待されたことがないので、今度はそんな栄光の機会が来たらこの上なく嬉しいと思います。』(オ・ヒジュン)

一方、クナクンの新譜'ゼロ・グラビティ'は来る25日正午、各音源サイトを通じて公開される。

f:id:you930210:20170519012813j:image

f:id:you930210:20170519012827j:image

f:id:you930210:20170519012910j:image

f:id:you930210:20170519012935j:image